使用説明書RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500/C2000 シリーズ

ステープルでとじて印刷する

印刷した用紙をステープルで1部ずつとじて仕上げます。装着しているフィニッシャーによっては、針を使用せず紙を圧着してとじる針なしステープルを使用できます。

ステープルでとじてコピーのイメージイラスト

ステープルできる用紙サイズや枚数などについては以下を参照してください。

仕様一覧

重要

補足

  • 手差しトレイにセットした用紙には、ステープルできません。

  • フィニッシャーを装着しているときは、排紙先の設定に関係なく「フィニッシャー・シフトトレイ」に排紙されます。

ステープルのとじ位置と仕上がり

向き

仕上がり

タテ

ステープルのとじ位置と仕上がり縦

ヨコ

ステープルのとじ位置と仕上がり横
  • 指定できるとじ位置はフィニッシャーによって異なります。

    仕様一覧

  • 本機にセットされている用紙方向と、文書の原稿方向(タテ/ヨコ)の組み合わせによっては、フィニッシャーに対応したとじ位置でもプリンタードライバーから指定できません。このようなときは、本機にセットされている用紙方向(タテ/ヨコ)を変更してから、ステープルを指定してください。

    給紙トレイに用紙をセットする

  • 両面印刷を指定したときは、両面印刷のとじる辺とステープルのとじ位置を合わせてください。

  • ステープルとパンチを同時に指定するときは、パンチする辺とステープルのとじ位置を合わせてください。

補足

  • 折りや合紙など、ステープルと同時に設定できない機能があります。機能によっては、プリンタードライバーのステープル設定が自動的に解除されるため、プレビューアイコンに表示されているステープル位置を確認しながら設定してください。

  • レターヘッド紙(天地のある用紙)に印刷する場合、文書が印刷される向きとステープルの位置が合わないときはステープルが解除されます。

  • エラースキップを無効にしたときにステープルの針がなくなると、メッセージが表示されます。ステープルを解除すると、ステープルせずに印刷が継続されます。

  • [プリンター設定][データ操作/管理]タブの[針なし/針ありステープル表示][針なしのみ選択可]に設定していると、ドライバーでの設定にかかわらず、左上または右上の針なしステープルで印刷します。

  • データ操作/管理

  • [設定]の画面タイプを[標準]にしているときは、以下を参照してください。設定項目名は[従来]の画面タイプと異なることがあります。

  • データ操作/管理

  • 設定項目対応表(従来:標準)

ステープルを設定して印刷する(Windows)

[よく使う設定]タブの「ステープル」から設定します。

1パソコンで印刷する文書を開き、アプリケーションの印刷メニューからプリンタードライバーの設定画面を表示する。

2用紙サイズ、用紙種類、原稿方向などを設定する。

基本的な印刷のしかた

「原稿サイズ」と「原稿方向」を必ず設定してください。

3「ステープル」をクリックし、ステープルする位置を選択する。

ドライバー画面のイラスト

ステープルを設定すると、「現在の設定」に表示されているプレビューアイコンでステープルの位置を確認できます。

4設定が終わったら、[OK]をクリックして印刷する。

ステープルを設定して印刷する(OS X/macOS)

[プリンタの機能]の「機能セット」で[仕上げ]から設定します。

1パソコンで印刷する文書を開き、アプリケーションの印刷メニューからプリンタードライバーの設定画面を表示する。

2用紙サイズ、方向、用紙の種類などを設定する。

基本的な印刷のしかた

「用紙サイズ」と「方向」を必ず設定してください。

3「ステープル」をクリックし、ステープルする位置を選択する。

ドライバー画面のイラスト

4設定が終わったら、[プリント]をクリックして印刷する。