使用説明書RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500/C2000 シリーズ

時刻タイマー設定

[システム設定]にある[時刻タイマー設定]タブの設定項目一覧です。

「設定」画面の見かた

設定項目

説明

スリープモード移行時間設定

本機がスリープモードに移行するまでの時間を設定します。

  • 工場出荷時の設定:1分

システムオートリセット時間設定

一定時間何も操作しなかったときに、自動的にホーム画面に切り替えるまでの時間を設定します。[操作部機能設定][優先機能設定]で、切り替え先の画面をホーム画面以外のアプリケーション画面にもできます。

  • 工場出荷時の設定:する:60秒

コピー/ドキュメントボックスオートリセット時間設定

ファクスオートリセット時間設定

プリンターオートリセット時間設定

スキャナーオートリセット時間設定

各機能で一定時間操作しなかったとき、それぞれの機能が初期状態へ戻るまでの時間を設定します。

工場出荷時の設定

  • コピー/ドキュメント、プリンター、スキャナー:する:60秒

  • ファクス:30秒

年月日設定

時刻設定

本機のシステム時計の年月日と時刻を設定します。

タイムゾーン設定

本機を使用している地域の標準時を設定します。

  • 工場出荷時の設定:+09:00

サマータイム設定

サマータイムを実施する期間と、実施したときに進める時間を設定します。

  • 工場出荷時の設定:無効

オートログアウト時間設定

ログインして一定時間操作をしなかったときに、自動的にログアウトするまでの時間を設定します。

  • 工場出荷時の設定:する:180秒

定着部オフモード(省エネ)移行設定

一定時間操作をしなかったときに、定着部オフモードに移行するかを設定します。移行するときには以下の項目を設定します。

  • 定着部オフモード解除設定

    定着部オフモードを解除するタイミングを設定します。

    • 印刷実行時

    • 操作部操作時

    コピー機能の画面が表示されているときは、本設定にかかわらず定着部オフモードが解除されます。

  • 定着部オフモード移行時間

    定着部オフモードに入るまでの時間を設定します。

  • 工場出荷時の設定:移行する

ウィークリータイマー詳細設定

毎日、または曜日ごとに本機の主電源をオン/オフにする時刻やスリープモードへ移行する時刻を設定します。

毎日または曜日ごとに6件ずつ設定できます。

タイマーを有効にするときは以下の項目を設定します。

  • オフ解除コード設定

    スリープモードや主電源オフモードを解除するときの暗証コードを最大8桁まで設定します。

  • スケジュール設定

    スリープモードへの移行や、オフ解除コードのキャンセル、主電源オン/オフといったイベントと、それを実行する曜日や日付を設定します。

  • 主電源オンタイマー停止期間

    主電源をオンにするタイマーを無効にする期間(年末年始など)を設定します。この期間が終わってから本機を使用するときは、主電源スイッチを手動でオンにしてください。

この設定を使用するには、管理者認証を有効にしてください。

  • 工場出荷時の設定:無効

本機の運用を開始する前に管理者を登録する

ウィークリータイマー簡単設定

ウィークリータイマーのスケジュールだけを設定するときは、この設定項目だけでタイマーが適用できます。設定すると、[ウィークリータイマー詳細設定][スケジュール設定]が「有効」になり、指定した曜日と時間に上書きされます。

この設定を使用するには、管理者認証を有効にしてください。

本機の運用を開始する前に管理者を登録する