使用説明書RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500/C2000 シリーズ

スキャン原稿をセットする

スキャンする原稿をセットし、原稿セット方向や読み取る面を設定します。片面と両面を途中で切り替えて読み取ったり、サイズの異なる原稿を一度にセットして読み取ったりもできます。

重要

片面原稿のセット方向を指定する

スキャンした原稿の天地(上下)をパソコンで正しく表示できるように、原稿をセットした方向と操作部の設定を正しく組み合わせます。

1スキャナー画面で[送信設定]を押す。

3[原稿セット方向]を押し、原稿セット方向を選択する。

本体画面のイラスト
  • 画面表示を参考に、正しい原稿セット方向を選択してください。

  • カラーの原稿をTIFF/JPEGで読み取るときは、原稿は下記の表のようにセットしてください。

    原稿のセット方向

    [原稿セット方向]の設定

    原稿セット方向のイメージラスト

    左に90度回転

両面原稿をセットする

1スキャナー画面で[送信設定]を押す。

3[原稿面]を押し、[両面左右ひらき]または[両面上下ひらき]を選択する。

本体画面のイラスト
  • セットした原稿の最終ページが白紙のときは、最終ページだけを読みとばして読み取り終了するように設定できます。[その他]を押してひらきかたを選択し、[最終ページは片面読み取り]にチェックを付けます。

    本体画面のイラスト
  • 複数ページの原稿をまとめて読み取り、指定枚数ごとに分割されたファイルを生成する[分割枚数指定]を設定しているとき、[最終ページは片面読み取り]の設定は、分割された各ファイルの最終ページに対して有効です。

    複数ファイルに分割してスキャンする

4[原稿セット方向]を押し、原稿セット方向を選択する。

本体画面のイラスト
  • 画面表示を参考に、正しい原稿セット方向を選択してください。

  • カラーの原稿をTIFF/JPEGで読み取るときは、原稿は下記の表のようにセットしてください。

    原稿のセット方向

    [原稿セット方向]の設定

    原稿セット方向のイメージラスト

    左に90度回転

片面・両面が混在する原稿をセットする

片面/両面が混在する原稿をセットし、途中で片面と両面を切り替えながら読み取れます。

1ホーム画面で[スキャナー]を押す。

本体画面のイラスト

3スキャナー画面で[送信設定]を押す。

4[大量原稿]または[SADF]を選択する。

本体画面のイラスト

5[原稿面]を押し、片面読み取りまたは両面読み取りを選択する。

本体画面のイラスト

6スキャンした文書の用途に合わせて読み取りの設定をする。

原稿に合った画質や濃度でスキャンする

ファイル形式やファイル名を指定してスキャンする

7スキャンした文書をメールアドレスに送信するときは、[送信者]を押し、送信者を指定する。

8スキャナー画面で宛先を指定し、[スタート]を押す。

9始めの原稿束の読み取りが完了したら、[原稿面]を押し、次にセットする原稿の読み取り方法(片面読み取りまたは両面読み取り)を選択する。

  • [原稿区切り]の使用方法

    両面読み取りを選択しているときは、表面と裏面の2ページを1セットとして読み取ります。原稿ガラスで表面だけを読み取ったあとに、次に読み込む原稿も表面にするときは、[原稿区切り]を押して[片面]に切り替えます。

10次の原稿をセットし、[大量原稿]に設定しているときは[スタート]を押す。

[SADF]に設定して自動原稿送り装置(ADF)に次の原稿をセットしたときは、セットと同時に読み取りを開始します。

サイズの異なる原稿を同時にセットする

サイズの異なる原稿を自動原稿送り装置(ADF)にセットし、自動で1枚ごとにサイズを検知して読み取ります。

サイズ混載の動作モードを設定する

1パス両面原稿送り装置が本機に装着されているときは、原稿を読み取る前に設定を確認します。

  • 違う幅の原稿を混載するときは、[スキャナー設定][サイズ混載モード設定][違う幅の原稿を混載]に設定してから、原稿をセットします。

  • 同じ幅の原稿を混載するときは、[スキャナー設定][サイズ混載モード設定]を設定しなくてもスキャンできますが、[同じ幅の原稿を混載]に設定したほうが読み取り速度は速くなります。

[設定]の画面タイプを[従来]にしているときの例で手順を説明しています。[標準]の画面タイプを使用しているときは、以下の画面で設定してください。

  • [スキャナー設定][読み取り][サイズ/変倍]

[従来]の設定画面タイプと[標準]の設定画面タイプでは、設定項目名が異なることがあります。

設定項目対応表(従来:標準)

1ホーム画面で[設定]を押す。

本体画面のイラスト

2設定画面で[本体機能設定]を押す。

本体画面のイラスト

3[スキャナー設定][読み取り設定]タブ [サイズ混載モード設定]と押す。

本体画面のイラスト

4[同じ幅の原稿を混載]または[違う幅の原稿を混載]を選択する。

  • 同じ幅の原稿を混載

    同じ幅の原稿を混載するイメージイラスト
  • 違う幅の原稿を混載

    違う幅の原稿を混載するイメージイラスト

    縦、横ともに1枚ずつ長さを自動検知しながら読み取るため、同幅混載より読み取り速度が遅くなります。

5[設定]を押す。

6設定が終わったら、[ホーム])を押す。

原稿をセットして読み取る

重要

  • [自動検知(サイズ混載)]を設定しないでサイズの異なる原稿を読み取ると、原稿づまりの原因になります。

  • [自動検知(サイズ混載)]で読み取れるサイズは、B5以上、または81/2×11以上です。

補足

  • [倍率][センター消去]、または[枠消去]を設定すると、本設定にかかわらず、違う幅の混載モードで動作します。

1ホーム画面で[スキャナー]を押す。

本体画面のイラスト

2自動原稿送り装置(ADF)に原稿をセットする。

  • 同じ幅の原稿を混載

    同じ幅の原稿を混載するイメージイラスト
  • 違う幅の原稿を混載

    違う幅の原稿を混載するイメージイラスト

3スキャナー画面で[送信設定]を押す。

4[読み取りサイズ]を押し、[自動検知(サイズ混載)]を選択する。

本体画面のイラスト

5スキャンした文書の用途に合わせて読み取りの設定をする。

原稿に合った画質や濃度でスキャンする

ファイル形式やファイル名を指定してスキャンする

6スキャンした文書をメールアドレスに送信するときは、[送信者]を押し、送信者を指定する。

7宛先を指定し、[スタート]を押す。