使用説明書RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500/C2000 シリーズ

お問い合わせ

リモート管理サービスを利用する

本機の修理が必要なときに、本機からリコーテクニカルコールセンターに自動で通報します。

操作部から手動で通報することもできます。

重要

  • 「センターに自動通報できませんでした」と表示されているときやリコーテクニカルコールセンターから連絡がこないときは、サービス実施店に連絡してください。

  • 本機を移動するときは販売店またはサービス実施店に連絡してください。

リモート管理サービスのイメージイラスト

通報には以下の2種類があります。

故障時自動通報(SC/サービスコール)

機械の自己診断機能で故障を検知したときに、リコーテクニカルコールセンターへ故障情報が自動通報されます。

補足

  • コピー時に故障時自動通報」というメッセージが表示されたとき、画面の[確認]を押すと通常の操作画面に戻りますが、故障しているユニットを使用するコピーはできません。

修理依頼通報(MC/マニュアルコール)

コピーがきれいにとれないとき、頻繁に用紙がつまるとき、用紙を取り除いても紙づまり表示が消えないときなどは、以下の手順で本機を操作して通報します。

1[状態確認]を押す。

本体のイラスト

2[保守/ 問い合わせ/ 機器情報]を押す。

本体画面のイラスト

3[問い合わせ情報][修理依頼通報]と押す。

本体画面のイラスト

補足

  • 頻繁に用紙がつまるときや、用紙がつまった状態でドアやカバーが開いたまま一定時間放置されたときにも、リコーテクニカルコールセンターへの通報画面が表示されます。

  • ファクス送信や電話での通話が優先されるため、リコーテクニカルコールセンターへの通報が遅れることや、通報できないことがあります。

  • 通報受信後、リコーテクニカルコールセンターからご担当者へ受信確認の連絡をいたします。お客様のカスタマーサポートセンターご担当者名を事前に販売店またはサービス実施店に連絡してください。ご担当者が代わられたときも同様に連絡してください。

  • 通常は、本機の機能によりインターネット(常時接続)でリモート管理サービスを運用しますが、使用する環境によっては、リモート管理サービス用アダプターを別途設置することがあります。

保守サービス契約

本機をお買い上げいただく際にリコー保守サービス契約にご契約いただきます。

保守サービス内容につきましては、販売担当者またはカスタマーエンジニアにおたずねください。

保守サービスのために必要な補修用性能部品および消耗品の最低保有期間は、本機の製造中止後、7年間です。

本機のご利用終了にともなう情報資産の取り扱い

本機に記録されているお客様の情報資産漏洩を防止するため、本機の返却/廃棄/譲渡などをされるときには、お客様ご自身で情報を消去してください。

本機に記録される情報には以下のようなものがあります。

  • コピーやファクスの入出力動作のために一時的に作成される画像データ

  • ハードディスクに保存された蓄積文書

  • アドレス帳

  • 各種設定情報

これらの情報資産を消去するために、本機にはハードディスクの暗号化機能が搭載されています。

本機のデータを暗号化して盗難や廃棄に備える

リコーのポリシー

  • 弊社では、機器の情報安全性の強化を進めるとともに、お客様からご返却、お預かりした使用済み機器は、確実な情報消去を実施しています。

  • 情報資産を消去するための有償サービスを実施しています。必要に応じてご利用ください。

    サービス・機能と概要

    サービス名称

    概要

    OA機器廃棄証明発行サービス

    機器を物理的に破壊処理したことの証明書を発行します。

    OA機器HDD傷入れ証明発行サービス

    回収した機器からハードディスクを取り出し、キズ入れを行います。キズ入れ時の写真が入った証明書を発行します。

    オンサイトによるHDD取り外し・キズ入れサービス

    カスタマーエンジニアが訪問し、お客様の前で機器からハードディスクを取り外します。取り外したハードディスクはキズ入れ作業により物理的に読めないようにして、お客様に譲渡もしくは回収します。取り出したハードディスクをそのまま譲渡することも可能です。機器返却時にサービス実施店までご相談ください。

    リース物件の場合はリース会社に所有権があることから、お客様がリース会社から事前の同意が必要です。

    • 他社製品に対する上記サービスは実施していません。

    • 地域や機種により対応サービスが異なるときがあります。詳細はリコーテクニカルコールセンターもしくは販売担当者、サービス担当者にお問い合わせください。

リコー以外の第三者へ本機の返却/廃棄/譲渡などをされるときは、お客様自身により、情報資産の処理や確認をする必要がありますのでご注意ください。

お問い合わせ先

消耗品に関するお問い合わせ

弊社製品に関する消耗品は、お買い上げの販売店にご注文ください。

https://www.ricoh.co.jp/supply/

最新ドライバーおよびユーティリティー情報

最新版のドライバーおよびユーティリティーをインターネットのリコーホームページから入手できます。

故障・保守サービスに関するお問い合わせ

故障・保守サービスについては、サービス実施店または販売店にお問い合わせください。

修理範囲(サービスの内容)、修理費用の目安、修理期間、手続きなどをご要望に応じて説明いたします。

転居の際は、サービス実施店または販売店にご連絡ください。転居先の最寄りのサービス実施店、販売店をご紹介いたします。

https://www.ricoh.co.jp/support/repair/

操作方法、製品の仕様・修理に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

操作方法や製品の仕様・修理については、「リコーテクニカルコールセンター」または販売店にご連絡ください。

0120-892-111
  • 受付時間(祝祭日および弊社休業日を除く)

    修理のお申し込み・ご相談:9時~17時30分(月~土)

    操作方法、製品の仕様についてのお問い合わせ:9時~17時(月~金)

  • お問合せの際に機番を確認させていただく場合があります。

※お問合せの内容・発信者番号は対応状況の確認と対応品質の向上のため、録音・記録をさせていただいております。

※受付時間を含め、記載のサービス内容は予告なく変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

Webでのお問い合わせ

ホームページからもお問い合わせ、修理のお申し込み・ご相談を承っております。

https://www.ricoh.co.jp/contact/product.html

QRコード