使用説明書RICOH IM C6000/C5500/C4500/C3500/C3000/C2500/C2000 シリーズ

IDを入力してファクス受信文書を印刷する

受信したファクスを印刷しないでメモリーに蓄積し、あらかじめ設定した4桁のIDを知っているユーザーだけが印刷できるようにすることで、受信紙の放置を防止します。

受信文書をメモリーに蓄積する相手先や期間を設定できます。

常にメモリーに蓄積する(封筒受信)

曜日や時間帯にかかわらず受信文書をメモリーに蓄積し、4桁の封筒IDを入力すると印刷されます。

本体画面のイラスト
  • 重要な取引先や関係者など、特定の相手先からの受信文書だけを蓄積の対象にすることもできます。

  • 封筒受信するとファクスランプが点灯し、ホーム画面のファクス受信文書ウィジェットに「封筒受信あり」と表示されます。

    ファクスランプのイラスト
  • 親展ボックスにも受信文書があるときは、「封筒受信あり」の代わりに「親展受信あり」と表示されます。

    Fコード親展ボックスで受信する

指定した期間だけメモリーに蓄積する(印刷待機)

設定した曜日や時間帯だけ受信文書をメモリーに蓄積します。4桁の印刷IDを入力すると印刷されます。

本体画面のイラスト

封筒受信を設定する

[導入設定]タブで封筒IDを設定してから、[受信設定]タブで封筒受信を有効にします。

[設定]の画面タイプを[従来]にしているときの例で手順を説明しています。[標準]の画面タイプを使用しているときは、以下の画面で設定してください。

  • [ファクス設定][導入時詳細設定]

[従来]の設定画面タイプと[標準]の設定画面タイプでは、設定項目名が異なることがあります。

設定項目対応表(従来:標準)

1ホーム画面で[設定]を押す。

本体画面のイラスト

2設定画面で[本体機能設定]を押す。

本体画面のイラスト

3[ファクス設定][導入設定]タブ [封筒ID登録]で封筒ID登録画面を表示する。

4IDを入力し、[設定]を押す。

本体画面のイラスト

5封筒受信を設定する。

特定の相手先からの受信文書だけを封筒受信するとき

[ファクス設定][受信設定]タブ [特定相手先設定][相手先別封筒受信]を設定します。

ファクス受信時の動作を相手先ごとに設定する

すべての相手先の受信文書を封筒受信するとき

  1. [ファクス設定][受信設定]タブ [受信文書設定]で受信文書設定画面を表示する。

  2. [封筒受信]を押し、[する]を選択する。

    本体画面のイラスト
  3. [設定]を押す。

6設定が終わったら、[ホーム])を押す。

封筒受信文書を印刷する

ファクス画面の[ファクス受信][封筒受信文書の印刷]で、封筒IDを入力して印刷します。

1ホーム画面で[ファクス]を押す。

本体画面のイラスト

2ファクス画面で[ファクス受信]を押す。

本体画面のイラスト

3[封筒受信文書の印刷]を押す。

本体画面のイラスト

4封筒IDを入力し、[印刷]を押す。

本体画面のイラスト

すべての封筒受信文書が印刷されます。印刷後、文書はメモリーから消去されます。

印刷待機文書を印刷する

ファクス画面の[ファクス受信][ID入力印刷文書の印刷]で、印刷IDを入力して印刷します。

1ホーム画面で[ファクス]を押す。

本体画面のイラスト

2ファクス画面で[ファクス受信]を押す。

本体画面のイラスト

3[ID入力印刷文書の印刷]を押す。

本体画面のイラスト

4印刷IDを入力して、[印刷]を押す。

本体画面のイラスト

印刷待機していた文書がすべて印刷されます。印刷後、文書はメモリーから消去されます。

補足

  • 増設G3回線を使用していて、回線ごとに異なる印刷IDが設定されているときは、印刷IDが一致した回線の受信文書がすべて印刷されます。

  • [受信文書印刷部数]が2部以上に設定されていても、封筒受信して印刷される文書は1部だけです。