使用説明書RICOH IM C300/C300F

迷惑ファクスを防止する

不要なファクスを受け取りたくないときは、以下の2通りの方法で受信するファクスを制限できます。両方の機能を同時に使用できます。

受信拒否または受信許可する相手先を登録する

  • 同じ相手先から迷惑ファクス(広告など)が繰り返し送られてくるときは、受信拒否する相手先を登録します。

  • 特定の相手先からしかファクスを受け取る必要がないときは、受信許可する相手先を登録します。許可した相手先以外のファクスは受信しないようになります。

受信拒否と受信許可は、どちらか一方だけ設定できます。

相手先の条件は、250件まで登録できます。

受信拒否または許可を登録のイメージイラスト

相手先が不明なファクスを受信拒否する

発信元名称やファクス番号がわからないファクスを受け取りたくないときは、まとめて受信拒否できます。

相手先不明を受信拒否のイメージイラスト

特定の相手先からのファクス受信を拒否する

相手先の情報を控えてから本機の設定を受信拒否に切り替え、拒否する条件を登録します。

重要

  • 特定の相手先からのファクスだけを受信する設定にしているときは、あらかじめ、登録されている相手先の情報を[特定相手先設定]画面で削除してください。本機の設定を受信拒否に切り替えるため、これまで許可していた相手先からのファクス受信ができなくなります。

1ホーム画面で[ファクス]を押す。

本体画面のイラスト

2ファクス画面で[送受信結果]を押す。

本体画面のイラスト

3[受信結果]を押して相手先の情報を操作部で確認するか、[通信管理レポート印刷]を押してレポートで確認する。

操作部で確認する

  1. [受信結果]を押し、[全表示]または[期間指定表示]を選択する。

  2. 「送信元」欄を確認する。

    本体画面のイラスト

    発信元名称はアルファベットの大文字小文字なども確認し、メモを取るなどして正確に記録してください。

通信管理レポートで確認する

  1. [通信管理レポート印刷]を押し、印刷対象とする通信結果を選択する。

  2. <受信>の「相手先」欄を確認する。

    通信管理レポートのイメージイラスト

4確認が終わったら、ホーム画面で[設定]を押す。

本体画面のイラスト

5設定画面で[ファクス設定]を押す。

本体画面のイラスト

6[受信設定][特定相手先設定]と押し、特定相手先の設定画面を表示する。

本体画面のイラスト

7[迷惑ファクス防止機能][使用する]を選択し、「相手先別迷惑ファクス防止を設定した相手先の場合」で[拒否する]を選択する。

本体画面のイラスト

8[OK]を押す。

9[特定相手先登録/変更/消去]を押し、相手先の登録画面を表示する。

本体画面のイラスト

10[登録]を押す。

11受信拒否する相手先の発信元名称またはファクス番号を登録する。

本体画面のイラスト

手順3で控えを取った内容を正確に入力します。

12登録した文字列の一致条件を選択する。

本体画面のイラスト
  • 全一致:登録した情報と、相手先から受信した情報が完全に一致するとき、受信を拒否します。

  • 部分一致:登録した情報と、相手先から受信した情報の一部が一致するとき、受信を拒否します。

13[相手先別迷惑ファクス防止設定]で、[設定する]を選択する。

本体画面のイラスト

14[OK]を押す。

15設定が終わったら、[ホーム])を押す。

補足

  • 登録した相手先からは受信せず、それ以外からの文書だけを受信するように設定できます。設定を変更するときは、[パラメーター設定](スイッチ08 ビット2)で「特定相手先だけ受信」か「特定相手先以外を受信」かを選択できます。

特定の相手先からだけファクス受信を許可する

相手先の情報を控えてから本機の設定を受信許可に切り替え、許可する条件を登録します。

重要

  • 特定の相手先からのファクスを拒否する設定にしているときは、あらかじめ、登録されている相手先の情報を[特定相手先設定]画面で削除してください。本機の設定を受信許可に切り替えるため、これまで拒否していた相手先からのファクスしか受信できなくなります。

1ホーム画面で[ファクス]を押す。

本体画面のイラスト

2ファクス画面で[送受信結果]を押す。

本体画面のイラスト

3[受信結果]を押して相手先の情報を操作部で確認するか、[通信管理レポート印刷]を押してレポートで確認する。

操作部で確認する

  1. [受信結果]を押し、[全表示]または[期間指定表示]を選択する。

  2. 「送信元」欄を確認する。

    本体画面のイラスト

    発信元名称はアルファベットの大文字小文字なども確認し、メモを取るなどして正確に記録してください。

通信管理レポートで確認する

  1. [通信管理レポート印刷]を押し、印刷対象とする通信結果を選択する。

  2. <受信>の「相手先」欄を確認する。

    通信管理レポートのイメージイラスト

4確認が終わったら、ホーム画面で[設定]を押す。

本体画面のイラスト

5設定画面で[ファクス設定]を押す。

本体画面のイラスト

6[受信設定][特定相手先設定]と押し、特定相手先の設定画面を表示する。

本体画面のイラスト

7[迷惑ファクス防止機能][使用する]を選択し、「相手先別迷惑ファクス防止を設定した相手先の場合」で[受信する]を選択する。

本体画面のイラスト

8[OK]を押す。

9[特定相手先登録/変更/消去]を押し、相手先の登録画面を表示する。

本体画面のイラスト

10[登録]を押す。

11受信許可する相手先の発信元名称またはファクス番号を登録する。

本体画面のイラスト

手順3で控えを取った内容を正確に入力します。

12登録した文字列の一致条件を選択する。

本体画面のイラスト
  • 全一致:登録した情報と、相手先から受信した情報が完全に一致するとき、受信を拒否します。

  • 部分一致:登録した情報と、相手先から受信した情報の一部が一致するとき、受信を拒否します。

13[相手先別迷惑ファクス防止設定]で、[設定する]を選択する。

本体画面のイラスト

14[OK]を押す。

15設定が終わったら、[ホーム])を押す。

相手先の名称やファクス番号が空欄のとき受信拒否する

発信元名称やファクス番号が空欄で、相手先がわからないファクスを受信拒否します。

1ホーム画面で[設定]を押す。

本体画面のイラスト

2設定画面で[ファクス設定]を押す。

本体画面のイラスト

3[導入時詳細設定][パラメーター設定][パラメーター設定]でスイッチ操作画面を表示する。

4スイッチ番号[08]のビット番号[1]を選択し、現在値を「1」にする。

本体画面のイラスト

5[OK]を押す。

6設定が終わったら、[ホーム])を押す。